続・「ラブライバー抗体検査センター」とは何だったのか?またこのセンターの関係者A氏について

ダイヤコーヒーの説明

昨日記事を公開した時点ではダイヤコーヒー側がそもそもこの「ラブライバー抗体検査センター」の出店を把握しているのか怪しかったのであえて店名を出さなかったが、こちらは1/1に出店されていた店側の説明。

当日の机の上が写っている写真(矢印は筆者が加工)

千本一側の説明

こちらは1/2〜1/3で抗体検査センターにイベントスペースを貸し出す予定だった千本一側の説明。1日目の1/2に抗体検査センター側に撤収を命じている。何故かツイートがスレッド形式じゃなくて引用ツイートで連投しているので参照性が悪すぎるので、先頭のツイートを埋め込んで残りは各ツイートからの引用(各文章ごとにリンクを記載)。

抗体検査センターの出店を許可した店は今回の件の被害者である

今回両店が行った説明から流れを伺うと、当初「抗体検査センター」という名称を用いて接触し、「ラブライバー」やラブライブ!のコンテンツを使うことを店側に説明しておらず、店側も当日まで把握できなかったということである。確かに最初から「ラブライバー抗体検査センター」と名乗る団体がいきなり店前のスペースを貸してくれと言われれば流石に貸し出すことは無さそうだが、「抗体検査センター」と言われると真っ当な組織っぽさがあり、なおかつ公的なイベントスペースとは違って個人商店の敷地を貸し出すだけなので貸し出し相手の調査や審査なども行うこともないだろう。今回はそういった相手の信用に対する審査が甘いところに漬け込んで起きた事件で、店側にはほとんど非はないだろう。実際今回両者とも事が分かった時点で店側は撤収を命じている。

抗体検査センターの関係者A氏について

昨日公開した記事で抗体検査センターの関係者は少なくとも2名おり、そのうちの一人がビジネス的なアドバイザーではないかという仮説を紹介した。しかしその後このビジネスアドバイザー(以下、A氏)のインターネット上での活動を追いかけていると、どうやら氏はこのセンターのアドバイザーという立ち位置ではなさそうということが分かってきたので記す。

キャプチャを撮るのが遅れて抗体検査センターのTwitterアカウントが消失した後のキャプチャ
右がA氏 メガネのフレームがプロフィール画像と一致している(画像の一部を筆者が加工)

抗体検査キットはどこからきたか

さらに調べていくとこの検査キットとやらに関することが記述されているエントリー見つけることができた。このエントリーは彼が今年一年を振り返る内容なのだが、その中で彼が主催しているというアニメコミュニティに関する記述の部分に検査キットのことが登場する。

--

--

Love podcasts or audiobooks? Learn on the go with our new app.

Get the Medium app

A button that says 'Download on the App Store', and if clicked it will lead you to the iOS App store
A button that says 'Get it on, Google Play', and if clicked it will lead you to the Google Play store